きしだ あや oficial blog「自分らしさ」って何?心の探求

スピリチュアル嫌いが書く、地に足のついた時々スピリチュアルな考察

自分の気持ちがわからない時 どうすればいいのか 3つのポイント(その1)

突然ですが

あなたは

自分の気持ちがわからなくなることって

ないでしょうか。

もやもや迷った時の

対処法について

少し考えてみます。

 

ポイントは

1.あなたの体感覚はどこが優位(得意)か

2.心に聞いてわからなければ体に聞け

3.自分でわからなければ人に聞け

 

  

恥ずかしながらわたしは

歴代彼氏とケンカをすれば

「あやの気持ちがわからない。」

「俺の事(どう/何だと)思ってるの?」

「自分の気持ちは

 あやが一番わかってるでしょ。」

などとよく言われてきました😅

 

昔はそれを聞くたびに

(なんでそんなこと聞くの?

 そんな風に言われてもわかんない。

 責められて考えれないし。

 てゆーかもう

 わたしの気持ち別に

 わかってくれなくていい!)

とか

思っていました。

 

う〜ん・・・

申し訳ない。

当時は大分ダメダメなわたし。

そんなわたしに付き合ってくれてた

彼らに感謝ですね。

 

あれから色々あり

やっと氣付けた本当は

ありのままの自分を

好きになってもらえるのか怖くて

(そもそも自分が嫌いだったから)

自分の氣持ちにブロックをかけて

相手との間にも壁を作っていたのです。

 

言葉としてあがってこない

そんな心の内は

もちろん当時

言葉にすることはできなくて

 

ひたすら涙で流れたり

ふてたり

もう面倒で距離をおいたり

 

最後は結局相手が折れるパターンを

繰り返していました。

 

ここでポイント1

あなたの体感覚はどこが優位(得意)か

です。

 

人には五感があることは

ご存知の通りですが

個人によって

どの感覚をよりよく使っているかは

異なります。

 

わたしは体感覚の優位性が強くて

感情的な場面で

それを言語化するのが苦手だった

と言うことも

ケンカを助長した一因かなと思います。

 

ゆっくりと

感じたことを言葉にする時間をもらえたら

整理ができて話すことができる

と言うこともあります。

 

よかったらリンク先で

自分がどんなタイプか

確認してみてください。

知っていると

効率的な勉強方法や

コミュニケーションを円滑にすること

にも応用できます。

www.nlpjapan.co.jp

 

そういえばこの前

友人と服を買う話をしていて

すごく

カルチャーショックなことがありました。

 

洋服選びのポイントは

わたしは断然

着心地重視。

 

でも友達は

「えっ手触りとか気にしたことない。」

って。

 

えええ〜〜😲

 

確かに彼女は

アクセとか小物使いとか素敵な

服の系統も全然違う

視覚優位なおしゃれさん。

 

やっぱり人それぞれなんだなって

感じた一件でした。

 

つづく